海外ツアーと機内での電子機器

海外ツアーで乗る飛行機の機内では、電子機器の使用が制限されています。

この理由は、飛行機と地上管制との間の通信に電波を使用しているため、それと干渉するのを防ぐためです。ですから、海外ツアーのときのみならず、国内ツアーのときでも同じです。ここで問題になる電子機器とは、つまりは電波を発している機器です。どんなものがあるでしょうか。携帯電話、スマートホンあるいは無線LANに接続できるパソコンなどが該当します。

これらは基本的に精密機器であり、また貴重品でもあるでしょうから、スーツケースに入れてカウンターで預けることなく機内に持ち込んでいるでしょうが、いつでも使用してよいわけではありません。具体的には飛行機のドアが閉まり、客室乗務員からその旨のアナウンスがあった後、そして飛行機が着陸し、客室乗務員から電子機器を使用してよいとのアナウンスがあるまで、この間は使用禁止です。

この説明で分かるように、必ずしも上空にいる間だけが禁止なのではありません。地上にいる間も使えない時間帯があります。一方で、電波を発していない電子機器、例えばカメラやビデオカメラのほか、電波を発しない状態に設定した携帯電話やスマホ、パソコンなどは、機内でも常時使用可能です。ただし離陸時、着陸時はテーブルを収納してシートベルトの着用が求められますから、カメラやスマホなど小型の機器はともかくとして、パソコンなどは事実上使用困難と考えておくべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *