スペインツアーに参加する時の注意点

スペインにはマドリードの美術館やアンダルシアのイスラム建築、バルセロナのガウディ建築など、見所が多いですが、ヨーロッパの中でも治安が不安視されていた国で、警察などの取り組みにより改善されてきていても、観光客を狙ったスリなどの軽犯罪は少なくありません。

スペインをツアーで観光する際に、ポケットの中やかばんなどに貴重品を入れていると気づくことなく、スリによりどこにいったか分からなくなるケースも多いので、子供や女性などスリをするとは思えないような人でも近くにいたら近づかないようにしたり、路地や地下鉄駅などは必要でないなら通らないことで、ポケットやかばんの中身をスリに遭わないようにすることが可能です。

また、かばんの入り口に手を添えることで、ツアーで現地を歩く時に、スリ対策をしていることをアピールすることができますが、ブランド品や高価なアクセサリーをつけているとスリに狙われやすくなるので、現地を歩く際には、はずしたほうがいいかもしれません。

スペインでは過去にテロ事件が起きているのですが、世界的にテロへの警戒が強まっていても、被害に遭わないようにするのは難しいので、現地を観光する際には、人の多く集まる場所や不審な人には近づかないほうがいいです。スペインの観光地は石畳の道も多く、美術館なども広いので、靴擦れをしたり筋肉痛になることもあるので、歩きやすい靴を持参したり、サロンパスをあらかじめ用意しておくことで、観光地を歩きやすくなるだけでなく、ツアー中疲れを溜めないで済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *