東海スキーで堪能する

東海のスキー場では日本海側の気候の影響を受けるエリアが存在していて、それとは反対に太平洋側の気候の影響を受けているエリアも存在しています。

地域によって気候の差が大きいのも東海でスキー場の大きな特徴となります。冬になれば西部では乾燥している冷たい風が吹き込み、北日本並みに冷えることもあります。局地的と言われている大量な雪が降ることもあり、県の北部では飛騨地方を目安に全域が豪雪地帯となっていることもあります。積雪の多い地域で良質なスキー場も東海には存在していることで有名です。

周辺にはスキーだけではなくグルメや観光スポットもたくさんあり、旅行の一部として合わせて立ち寄ることもできます。ゲレンデでは初級者から上級者まで、それぞれのレベルに対応しているコースがあり、バランスも良く配置されているので皆が楽しめます。シーズンになれば子供はもちろんのこと大人まで幅広い人たちでいっぱいになります。

パークエリアには要注目されていますが、専用で担当している団体も毎日工夫を凝らしているパークをプロデュースしていることも特徴です。小さな子供連れや初心者に推奨されているのは、ひるがの高原でゲレンデの構成として中級コースまで用意されています。どのコースも傾斜が緩めなので、ウィンタースポーツを初めてする人にもうってつけです。休憩室も完備されていて、キッズスペースもあり子供がスキーに疲れた時も気軽に利用することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *