関西でスノボを体験する

関西にはたくさんの魅力的なスキー場があり、若者の間で人気のあるスノボをしている人もたくさんいます。

雪質やゲレンデなどの規模は本場スキー場にはかないませんが、そこまで遠出をするには少しハードルが高くなりますしまず日帰りで楽しめません。気軽に日帰りでスノボを楽しみたいときは、アクセス的にも便利な関西圏で近場のスキー場を探すことが現実的です。若杉高原のパークはファミリー層をターゲットにしていて、平均の斜度は20度になりモーグルコースなども採用されています。

場内の大半はビギナーコースで占められているのですが、林道コースについては1400メートルもの長さがあり、子供と一緒にのんびりと滑るにはとても良い条件です。温泉施設がゲレンデサイドにあるので、滑り疲れたり冷えてしまった足腰を温めるとさらに嬉しいスノボタイムになります。キッズパークでは便利とされているムービングベルトを挟み、スキーエリア・そりエリアが綺麗に分けられています。

これで安全に皆を尊重しながら遊ぶようにできています。関西の国際スキー場では、最も高い山に作られている全部で5コースものコンパクトなパークになります。このスキー場での特徴は、ゲレンデのほとんどの部分が中から上級者向けのコースで占められていることです。日帰りでスノボの腕を磨くことができるスポットとしても、アルペンボーダーや競技スキーヤーへ人気があります。最近はキッズスマイルパークというものが設置されていて、さらに家族連れに優しいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *