関東からのスノボツアー

ウィンタースポーツとしてスキーとともに代表的なものにスノボが挙げられますが、最近ではスキーと混在させるのではなく、スノボ専用に区画されたゲレンデなども登場しています。

ゲレンデまで向かうための交通手段もマイカーのほか電車や飛行機、バスなどと多様化していますが、なかでも手軽なのはバスによる方法です。各地にある旅行代理店の店頭、あるいはバス会社の観光部門の窓口では、冬場になるとスノボ愛好家の声にこたえて専用のパッケージツアーを開発し、一般に販売するようになっています。

このようなパッケージツアーは東京を含む関東地方を発着するものも割と多く、さまざまな目的地に向かうことができます。関東発着で日帰りの場合であれば、那須連山や赤城山、榛名山、妙義山といった上毛三山、新潟や長野方面の一部までが視野に含まれます。関東発着で宿泊をともなうのであれば、十和田や雫石などのさらに遠方にまで足を伸ばすことができるでしょう。

スノボの技術を上達させるためにはやはり反復して練習することが不可欠ですが、そのたびにゲレンデまでの往復をしていては、いくらパッケージツアーとはいっても予算的にかなり困難なことになってしまいます。そのため頻度を重視したいのであれば、日帰りのプランを上手に活用することで、できるだけお金をかけずに移動することが重要になってきます。関東地方であれば他の地域とは違って日帰りプランはそれなりに多くあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *