みどころが多い南紀白浜のツアー

和歌山県の南岸にある白浜はリゾート地として知られた町で、温泉や真っ白な砂浜の海水浴場、それに子どもから大人まで楽しめるレジャー施設などで人気のエリアです。

そんな南紀白浜は、ツアーで訪れる人も多く、各地から電車やバスで多くの人たちが観光に来ています。南紀白浜のツアーのみどころのひとつは雄大な自然の景観で、見てたのしめるのはもちろん、写真に映えるスポットもたくさんあるので、写真やSNSが趣味の人にも喜ばれています。一例には、海岸線に荒々しい岩のごつごつした景観が続く千畳敷や、断崖絶壁の三段壁があり、波に削られてできた不思議な景色が魅力の大自然の力強さをまざまざと見ることの出来る地形です。

ほかにも南紀白浜のツアーで見ることの出来る自然豊かな景観には、日本の夕日100選のひとつに数えられている奇妙な形の岩・円月島があります。大きな岩の中央に、空に浮かんだ月のような形の、波に浸食されて出来た穴があり、反対側の景色が穴を通して見えるのが特徴です。この岩の見える辺りに夏は夕方6時半頃、冬は夕方4時半頃に、夕日が沈むときの美しい景色を見ることが出来ます。

この場所も写真撮影のスポットとして人気があり、多くの写真愛好家の人に知られています。そして、美しい白い砂浜のビーチも南紀白浜のツアーのみどころのひとつといえるでしょう。白良浜は夏は海水浴の家族連れやカップル・友達同士のグループでにぎわう浜で、真っ白な砂浜のトロピカルムード満点の場所です。遠浅の風景が美しく南国らしい写真が撮れる場所でもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *