関西発の沖縄行き航空便で早い時間帯に到着する便

関西から沖縄にビジネスや旅行などで渡航する際は、伊丹空港・関西国際空港・神戸空港のいずれかを活用することとなります。

この中で、最も出発の早い便は、神戸空港から出発する便です。関西から沖縄行きの便は午前7時50分にフライトするものとなります。9時55分には現地に到着します。スカイマークの飛行機であるため、価格も安くおすすめの便です。しかし、和歌山や奈良など神戸空港に辿り着くまでのアクセスに時間を要する地域からは活用しにくいです。次に早い便は関西国際空港の午前8時に出発する便になります。

午前8時の便は2便所在しており、全日空の飛行機とピーチ航空の飛行機があります。全日空の便は8、000円台と格安な価格ですが、ピーチ航空の便は28、000円台と高く価格差は大きいです。一方で、到着時刻は5分ほど全日空の方が早く到着します。沖縄行きの便を活用する場合は、2時間ほどのフライトであり、機内食を活用するものでもありません。早めの予約で、格安航空券を手に入れることは可能です。

このほか、伊丹空港から沖縄にフライトする飛行機では、午前8時15分発のものが最も早くなります。現地に到着する時刻も関西国際空港発の便と比べて20分ほどしか変わりませんので、伊丹空港にアクセスしやすい位置にお住まいの方はこの便をおすすめします。ただし、格安航空券ではないことには留意が必要です。このように、関西発沖縄行きの便はそれぞれの空港から早い時間帯の便が出発していますので、空港へのアクセスや料金などを踏まえてご利用される空港を選択することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *