関西発の沖縄旅行について

日本の南国・沖縄に旅行してみたいと考える方は関西にもいます。

せっかくならのんびりとしたいでしょうが、お仕事もあるので2.5泊から2泊3日・3泊4日くらいまでが沖縄の滞在日数の平均とのこと、意外と離島でも関西発の直行便は飛んでいるので3時間もあれば到着、短い日数なりにしっかりと満喫することは出来ます。関西には伊丹・関空・神戸と3つの空港があり、ANA・JAL・ソラシドエア・スカイマーク・LCCのピーチ航空・ジェットスターと6社から沖縄を結ぶ飛行機は運航しています。

パッケージツアーだとしても往復で利用する空港を変えることもできますし、利用する時間帯や金額・好みで空港や会社選びをしてみてはいかがでしょう。大阪市内から最も近くて便利と言えば伊丹、本数が多くLCCなど格安航空があるのが関西で本数は少なくともスカイマークなど安さが売りの神戸といった位置づけとなっています。空港まではリムジンバスやマイカー・電車とこちらも選択肢は様々あります。

マイカーが大荷物を持っての移動が最も楽ですが、一方で駐車料金という問題もあったりするので、それらも踏まえてトータルで考えることをおすすめします。安さも良いですが、快適な旅行となるよう無理の無いプランを組むことです。住んでいる位置や沖縄のどこに行くのかによってもおすすめは違ってきます。比較して検討するのは大変ですが、とにかく選択肢が多いので理想の旅行が実現出来るでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *