関西から沖縄へ行くには

白砂の浜にエメラルドグリーンの海が広がるといったイメージの沖縄ですが、そういった関西にはない風景に魅力を感じ旅行へ行く人は多いかと思いますが、双方の距離は海を隔ててかなりのものになりますので、交通手段としてはやはり飛行機になるでしょう。

関西から行くには、伊丹空港か関西国際空港(関空)か、神戸空港の3つの空港があるので、近い所、または直行便のあるところからがベストです。沖縄の那覇空港までは直行便が出ていますが、その先の離島の宮古島や石垣島などがありますし、そこまで行くには那覇で乗り換えるか、直行便を使うかになります。

飛行機で乗り換えがあると荷物の行き先が間違ってしまったり、遅れて届いてしまうようなことは、国内ですし最近ではあまりないとは思いますが、無きにしも非ずですので、そのまま乗って行く方が体も心も楽かもしれません。さて、先に挙げた空港の中で一番多く沖縄那覇空港へ飛んでいるのは関空です。ですが、この空港は大阪府の南部の泉南地域にあるので、和歌山方面から来る場合や大阪市内、または奈良方面の場合は便利かもしれません。

ですが、京都府の北部の日本海側なども関西ですので、そのような地域になるとちょっと大変です。ですが京都まで出てくれば、そこからJRの特急列車が走っています。飛行機での旅行に合わせて大きな荷物を置いておける場所がドア付近にあります。空港まで乗り入れているので、下車すればすぐに空港ターミナルへ向かうことが出来ます。大きな荷物は改札口からカートを使って楽に運ぶことも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *