資金調達ならファクタリング

企業の経営者が頭を悩ませることが多い、資金の調達方法ですが、ファクタリングという新しい資金調達法があります。


この資金調達法は、企業の持っている売掛金をファクタリングの事業者が買い取ることで、期日よりも早い時期に売掛金を回収することが出来るという方法です。
売掛金の回収は、買い取った事業者が行うため、格段にキャッシュフローを改善することが出来ます。


また、企業にとってかなりの打撃となる回収前の相手先の倒産のリスクを心配することがなくなります。万が一、取引先が倒産してしまって売掛金を回収することが出来なくなってしまったとしても、売却後は支払いの義務がありませんので、安心です。

即日のファクタリングの人気度が上昇しています。

ファクタリングは日本ではまだあまり知られていない資金調達法なのですが、欧米、特にアメリカではかなりメジャーな資金調達法となっています。


このファクタリングはアメリカで開発された方法で、利用企業数もかなりの数になっています。

この方法をとると、バランスシート上では負債となることがないため、バランスの取れた会計にすることが出来ます。
キャッシュフローの改善は企業にとって大きな課題となっていることが多く、この改善によって更なる事業の発展に資金を投入できることがメリットです。



リスクを出来る限り減らし、回収できないことがないため、特に資金繰りの厳しい中小企業の経営者の方にもおすすめの調達方です。



日本ではまだ少ないため、法整備が急がれます。