• ねずみ退治はラットサインの確認と根気が必要

    食べ物を荒らされたり、大事なものを囓られたりねずみの被害があったときは、早めにねずみ退治に取りかかりましょう、ねずみ退治の成功率を上げるために重要なのがラットサインの確認です。ラットサインは、ねずみが部屋に出入りしてくる侵入口や、ねずみが壁に沿って走ったときに壁につくねずみの体の汚れです。

    排水溝や通風口のすき間などに、黒い汚れが付着してれば、ラットサインの可能性が高いのです。

    周囲にかじり跡や糞が落ちている場合があるので、よく確認してみましょう。
    ラットサインがあった場所の周辺に薄く小麦粉などをまいておくと、ねずみの足跡が確認できるのです。



    一般家庭でねずみ退治に使用するのが、粘着シートなどのワナや殺鼠剤ですが、ラットサインがあった部屋の四隅や壁の隅に、できるだけ多くの枚数を設置するのです。


    ねずみは警戒心が強いため、見慣れないものがあると最初は近づかないのです。


    粘着シートは長時間置いておくと粘着力が落ちてしまうため、最初はシートのカバーを外さず置いて、ねずみが上を移動している様子がみられたらカバーを外すのです。



    また粘着シートの周辺に殺鼠剤を置くのも、ねずみ退治の成功率を上げる方法のひとつです。
    殺鼠剤は遅効性の毒で速攻性はないのですが、毒で警戒心が薄れたねずみが粘着シートにかかりやすくなるのです。
    これらのワナを設置した後は、ねずみが警戒心を無くすまで、むやみに動かしたり触らないようにしましょう。



    少なくとも1週間は様子を見て、全く効果がないようなら改めてラットサインを確認して設置場所を変えてみましょう。