• ねずみ退治には知識と経験が大切

    ねずみ退治というと、簡単なイメージがあります。


    小動物ですから見つけ次第殺してしまえばそれですべて完了です。しかし大変なのは見つけて、捕まえることです。

    小さいだけで動きが遅ければ簡単に処分できます。

    動きが速いだけでなく、行動もわかりにくいのが、ねずみ退治を難しくする一つの要因です。

    例えば、日本のように高齢化が進んでいると、ねずみを見つけたとしても追いかけることはできません。
    ここで必要になるのが罠です。
    殺鼠剤を含ませたエサを入れた罠を仕掛けるのです。

    どこでも良いわけではありません。



    ねずみの行動を把握して、確実に通る場所じゃなければ意味がありません。行動範囲に上手に仕掛けることができると一週間くらいで罠にかかります。



    しかし間違った場所だといつまで待っても罠にはかかりません。
    飲食店がねずみ退治を業者に依頼するのには、このような事情があります。

    とにかく手間と時間がかかりすぎるのです。ねずみと戦う時間をお店の準備に使えばもっと繁盛するかもしれません。


    さらにねずみがいなくなれば、衛生的な問題もクリアできます。

    だから知識と経験をもつ業者に依頼するのです。
    ねずみくらい放置していても大丈夫なのではないか、と思う人もいるでしょう。

    しかしダニやシラミ、カビの温床になることを考えたら、すぐにでも退治したくなるはずです。またペストなどの病原菌の運び屋としての役目を果たしています。

    高齢者がいる家庭はねずみ退治をすればより健康的な生活ができるようになります。